« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月15日 (月)

世界のビール【オーストラリア&南北アメリカ大陸】編

写真左より■オーストラリア[ヴィクトリアビター]オーストラリア国内で絶大な人気を誇るビール。オージーはこれしか飲まないといっても過言ではありません。アルコール分:4,8%
■アメリカ[ブルックリンラガー]世界一高価といわれるバーリーモルトを使用、発酵・醸造に通常の2倍の時間をかけて丁寧に造られる。まろやかでクリーミーな口当たり。アルコール分:5,0%
■メキシコ[コロナ]楽園のようなリラックス…その傍らにはいつもコロナ。世界160カ国で愛される、大人気メキシカンビール。アルコール分:4,6%
■ジャマイカ[レッドストライプ]レゲエファンの間で絶大な人気を誇る。柔らかな麦の香りと軽やかなコク、フルーティーな潮風を感じる味わい。アルコール分:4,7%
おススメは、アメリカ[ブルックリンラガー]!
アメリカのビールと言えば[バドワイザー]や[ミラー]しか知らず、バカにしてました。「味も素っ気もない、水みたい」と思ってましたが、さにあらず。 [ブルックリンラガー]は、ドイツなどのヨーロッパビールにも引けを取らない、とても味のあるビールです。そういえば、アメリカ、カリフォルニアワインも とても美味しいんですよね。
41642

2012年10月11日 (木)

個性派ぞろい!アフリカ、アジアのビール

アフリカ、アジアのビール?あまりピンとこないかもしれませんが、侮れません!必ずお気に入りのビールが見つかります。
写真左より
■ケニア[タスカー]アフリカはケニアで一番愛されているラガービールです。麦芽風味でしっかりとした味わいに強い炭酸のキレは日本人の口にも相性抜群。アルコール分:4,0%
■中国[青島(チンタオ)]中国ビールの代表です。名水で誉れ高いチンタオで、今世紀初頭から作られていた伝統の逸品。アルコール分:4,5%
■タイ[シンハー]1933年から愛され、タイ王室からも認められている、大麦モルトを使用した高品質なワールドクラスのプレミアムビールです。アルコール分:5,0%
■シンガポール[タイガービール]シンガポールと言えばタイガーと言われる、東南アジア全般で好んでのまれる有名なビールです、キメ細やかな泡のスッキリしたビール。アルコール分:5,0%
オススメは、タイ[シンハー]!
41632

2012年10月 7日 (日)

伝統と歴史のヨーロッパビール

前回は、ビール産国として名高いドイツとベルギーのビールを紹介しました。今回は、弊店取り扱い、その他のヨーロッパ産ビールをご紹介します。
写真左より■チェコ[ピルスナーウルケル]ピルスナービールの元祖。ピルスナービール発祥の地チェコのピルゼンを代表するビールです。麦芽100%。アル コール分:4.4% ■イギリス[バスペールエール]英国の伝統製法で醸造される、芳醇な風味に飲みやすさをそなえた、イギリスを代表するエールの名品で す。アルコール分:5.1% ■フランス[クローネンブルグ1664]アルザス地方で造られる、味にうるさいフランス人が最も愛するビールです。麦芽の香 りが豊潤な、“通”が好む大人の味と称されています。アルコール分:5.0% ■イタリア[ペローニナストロアズーロ]イタリアでシェアNo.1のペロー ニがつくる、プレミアムラガー。 ほどよいホップと麦芽風味の全体的にバランスの良い味が特徴的です。アルコール分:5.1%
筆者オススメは■チェコ[ピルスナーウルケル]■フランス[クローネンブルグ1664]
4162

2012年10月 4日 (木)

日本では、もちろんビールは水より高いが、常識…

ですが、世界にはビールが水よりも安い国が多々あります。言い換えると水はビールよりも高い、となるかもしれませんが。ビールと言えば、ドイツ!ドイツビールの原料へのこだわりには、500年の伝統があります。製造にはホップ、麦芽、水、酵母だけを使用すること。 法律でこう定められています。他国では風味を良くするためにコーンスターチやスパイスなどを加えることも普通ですが、 ドイツビール に副原料はタブー。原料は4種類だけでも、ドイツビールのバリエーションと風味の豊かさは世界でも群を抜いています。中でもオススメが「ヴァルシュタイナー」。ドイツで最も人気のあるビールで、ドイツ国内でNo,1のシェアを誇ります。ノルドライン・ヴェストファーレン州のヴァルシュタインという町で、世界的な名水と評されているカイザー・クベッレ泉の天然水で醸造されています。特徴としては口当たりが軽くデリケートな味わいなで透明感のある黄金色。化学物質は一切使わないドイツでトップクラスの人気を誇る純粋ビールです。 そして、筆者が特ににオススメなのが、ベルギーの「シメイホワイト」。トラピスト会修道院で作られる上面発酵トラピストビールです。ビール製造は収益事業ではなく、利益は修道院の運営や援助に使われます。日本では考えられないアルコール度8%のややオレンジがかった濃いブロンドのびーるです。他のビールの3~4倍のホップを使用しているため、ホップの芳醇な香りが強く、味は苦みばしったキレがあります。それと同時に深いコクも味わえる逸品です。左から2本目がドイツ・ヴァルシュタイナー。1番右がベルギー・シメイホワイト

41612

2012年10月 1日 (月)

国産派?輸入派?

友人、知人にはビールは国産に限る、という者が多いですが、筆者は絶対、海外のビールの方がおいしいと感じます!日本のビールには、ハズレはないですが、 個性、特徴があまりない、どのビールにも差がそれほど感じられないのです。その点、海外のビールは、苦み、コク、香り、味わいとそれぞれに違いが多々あ り、国の、土地の、メーカーの、製造者の主張が感じられるのです。なので、例えば、昨日はドイツビール、今日はアメリカビール、明日はオーストラリアな ど、違った味を楽しんでます。その日の雰囲気、相手、場所、料理によって、変えるのも面白いですね。ただし、ちょっと高価なので、毎日、輸入ビールとは、 いかないのが現状で、やはりいつもは国産ビールです。さて、弊店の取り扱っている世界のビールは、ヨーロッパ(ドイツ・ベルギー・チェコ・イギリス・フラ ンス・イタリア)アフリカ(ケニア)アジア(中国・タイ・シンガポール)オセアニア(オーストラリア)北米(USA)中南米(メキシコ・ジャマイカ)の 計、14カ国のビールです!是非一度、お試しあれ…

火鍋 蒙古苑 のサービス一覧

火鍋 蒙古苑