« 血を食べる? | メイン | 中国にも納豆がある? »

2012年12月19日 (水)

インディー・ジョーンズは猿の脳ミソを食べた?

・・・か、どうかは忘れましたが、中国では、実際に食べます。但し、超高級料理で、食べる地区も広東に限られるので、現在食べるのは香港のセレブぐらいではないでしょうか。
なので、さすがに猿の脳ミソは食べたことがありません(猿の肉はある)が、豚の脳ミソは、何回も食べました。こちらは、中国では地域、経済力に関わらず普通に食べます。生とかシャーベットは、ないと思いますが・・・
まず、最もスタンダードな食べ方は、やはり火鍋です。ひとかたまり(多分、冷凍品を解凍後)が、そのままの姿(初めて見たので言われればそうかな、と)で皿に盛られて出てきます。それを、トンクで掴んで、鍋に入れ食べます。約4〜5分後には、食べられます。大概の中国人は好んで食べます。匂いは、あまりしません。自身想像したとおり、濃厚な食感(クリーミー?)でした。味は鍋のスープや薬味が勝るので、食べづらいということは、ありません。鍋に似た料理として、スープや煮物もあります。
もうひとつ食べた豚の脳ミソ料理は「マーボー豚の脳ミソ」です。文字通り「マーボー豆腐」の豆腐の代わりが豚の脳ミソです。御存知の通り豆腐はあっさり、さっぱりで、やはり豚脳はこってり、まったり・・・の違いです。麻辣ソースは同じなので、どちらが美味しいと問われれば、筆者は、あっさり派なので豆腐のほうが好み(元々豆腐好き)ですが、こってり派の方は、豚脳の方おが美味しいと感じるかもしれません。結構イケるじゃん、という方も多いのではないでしょうか。

見た目は、イケそうでしょ・・・
Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/575199/30630177

インディー・ジョーンズは猿の脳ミソを食べた?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

火鍋 蒙古苑 のサービス一覧

火鍋 蒙古苑
  • TEL050-3468-1471