« 北京の人間こそ、酒鬼だ! | メイン | 来年の抱負・・・来年は優勝するぞ!by阪神タイガース »

2012年12月26日 (水)

・・・漬け酒、何を漬ける?

中国のお酒の変わりネタに「馬乳酒」という酒があります。内蒙古自治区で作られ、飲まれています。
読んで字のごとく、馬乳の発酵酒なのですが、無色透明で、アルコール度も30~40度と高く、飲んだ感じは蒸留酒のようです。
以前は、店でも出していたのですがあまり需要がないのと、少し高価なのでメニューから外しました(高いから需要がない?)。
馬乳自体を飲んだことがないので、単純に比較はできないのですが乳臭くもなく(少し香る?)、美味しいと思います。好きでした。

その他、わりと日本でも飲まれている「桂花(キンモクセイ)陳酒」や日本の甘酒のような「米酒」、甘く飲みやすい「山査子(バラ科の果実)酒」など、枚挙に暇がないのですが、このあたりはお酒好きの方なら、皆さんイケるのではないでしょうか・・・

・・・では、普通飲まない、飲めない(物理的に、心情的に)お酒を紹介します。
日本で漬け酒というと「梅酒」を代表とする果実系を漬けたものが挙がると思います。もちろん、中国にも果実酒はありますが、それ以外に、意外なものを漬けた酒を紹介します。先述の酒精度の強い白酒(60度位)に漬け置きして作る漬け酒です。
何酒があるかといいますと、まず「朝鮮(高麗)人参酒」。これは普通にイケますかね。普通の白酒ストレートよりも、あの高粱の強い香りが抑えられ、マイルドな感じで飲みやすいくらいです。
次に「蛇酒」。蛇を丸々一匹つけてあります。これも日本でも「マムシ酒」や「ハブ酒」があるので、飲める方は飲めるでしょう。
まず日本に無いのが「蠍酒」「タツノオトシゴ酒」です。飲んだ感じは「蛇酒」と違いがよく分かりません。小生は、全部普通に飲めました。何杯も・・・
多分、漬け置きの状態を見なければ、言われずにグラスに注がれて出されれば、強い酒OKという方は、皆さん普通に飲めるのではないでしょうか。筆者は、全て現物を確認し、「これ」と、リクエストし飲みましたが・・・

馬乳酒。こちらはかなり高級な方・・・
Photo_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/575199/30676253

・・・漬け酒、何を漬ける?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

火鍋 蒙古苑 のサービス一覧

火鍋 蒙古苑
  • TEL050-3468-1471