« 三波春夫(2) | メイン | ロックの神様は? »

2013年2月22日 (金)

三波春夫(3)

・・・前回よりつづき

「お客様は神様でございます」の
真意と違う使われ方について・・・(Wikipediaより)

【一方、三波側では、以前から「真意とは違う」使われ方に「歓迎出来た話ではない」と思いながら「静観」していたが、『「お客様は神様です」について』のタイトルで三波のオフィシャルサイトに掲載し、真意とは違う用例を挙げて「例えば買い物客が『お金を払う客なんだからもっと丁寧にしなさいよ。お客様は神様でしょ?』と、いう感じ。店員さんは『お客様は神様です、って言うからって、お客は何をしたって良いっていうんですか?』という具合」と述べている。オフィシャルサイトによると、三波が言っていた「お客様」とは聴衆・オーディエンスであって、「商店や飲食店などのお客様のことではないのです」ということであり、この言葉を盾に悪態をつく客(クレーマー)は「『様』を付けて呼んで貰えるような人たちではないと思います」ということである。】

三波春夫が存命の頃から、こういう問題はあったんだなぁ
そうだよな~、すべての客に “様” を付ける必要はないよなぁ
この “様” については持論があるので、またの機会に語るとして・・・

「お客様は神様でございます」は、
アホな日本人が、勝手に自分の都合のいいように解釈して使い、
それが、その意味が独り歩きして、ガラの良くない日本人に、
日本中に広まってしまった・・・
そして、今でも非常識な、たちの悪い連中が
何か事あるごとに使っている、ということなんでしょう。

あの〜、決して、全ての客を否定しているわけではなく、
品行の良くない客に対して、注意を促す目的で書いてきたのです。

バースデーケーキの予約をして、来店しないというのは、これはもう犯罪です。
来るという約束をして、金を使わせて、その約束を反故にするというのは詐欺罪?
はたまた、注文して金を払わないというのは、食い逃げと一緒?

と、言うことでこの件については、終わりにします。

ここからは、さらに今回の件で、Wikipediaを通して、
たまたま知った故・三波春夫氏に関して・・・

私は、もともと彼のファンでもなんでもありません。
そもそも、演歌、民謡のたぐいは全く聴きません。
(聴くのはもっぱら、海外のロック、ハード・ロック、ヘヴィ・メタル)

Wikipediaを読んで、人間、三波春夫に興味を持ったのです。
・・・つづく

神様ジーコ(若!)
Photo
・・・と呼んでいるのは日本だけらしいですが

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/575199/31078121

三波春夫(3)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

火鍋 蒙古苑 のサービス一覧

火鍋 蒙古苑