« 幸せは、幸せを呼ぶ・・・ | メイン | お客様は “紙様” »

2013年2月20日 (水)

お客様は神様?

・・・アラフィフおやじの説教、最後です・・・

【 頑固親父復活!親に変わって説教じゃ!(4)】

同じ仕事をするなら、同じ給料をもらうなら、
ポジティブな会社、楽しい職場、明るい店・・・
そういう環境で仕事をした方がいいに決まってます。

時々、ミョーに暗いお客様もいらっしゃいます・・・
喧嘩の後なのか、最中なのか分かりませんが、
暗〜く、会話もなく、味がわかるのかわからないのか、
ただ料理を口に運ぶだけのカップルなど・・・
どうして、厄介な問題を抱えてる時に
レストランで食事をしようなどと思うのかはわかりませんが・・・
こちらは、それに合わせて暗〜く接客するわけにもいかず、
かといって、変に明るく応対するのも場違いな感じがしますし、
どうしていいかわかりません。
そういうお客さんばかりの、ネガティブな店・・・
誰もそういう雰囲気で仕事はしたくありません。

閑話休題。
誕生日予約のお客様のキャンセル・・・
しかも、もうケーキを買って、用意していた・・・
これは店の人間にとってもショックです。
もちろん、お金の問題もありますが、
前述のような理由で店の者にとっても、
誕生日予約のあった日は、特別気合が入るものなのです。
それが、突然、その日に・・・
なんか肩透かしを食った感じといいますか・・・
とても残念で、その日一日、気分がよくありません。
期待させておいて、その期待が裏切られる・・・
誰もがそういう経験があると思いますが、そういう感じです。
せっかくの楽しい日が、つまらない味気ない日になってしまう・・・

お客様の様々な数限りない我が儘・・・
もてなされる客の方が、もてなす者より偉い・・・
こんな常識は、日本だけです!
「お客様は神様です!」
と、声を大にして言った三波春夫が悪いのか?
Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/575199/31057119

お客様は神様?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

火鍋 蒙古苑 のサービス一覧

火鍋 蒙古苑