愚痴 Feed

2013年2月12日 (火)

最近、残念なこと・・・

久しぶりにお店のことについて・・・

1・2月ともまだまだ寒いので、おかげさまで店は、
火鍋屋 “蒙古苑” は、繁盛してます。
毎日たくさん予約が入り、大勢のお客様がいらしてます。

弊店は、歌舞伎町のド真ん中に有り、立地が良くないので、
ほとんどが予約のお客様です。
以前、歌舞伎町の項で書きましたが、一般客、通りすがりの客は、
なかなかビルに、店に入って来ません。
客引きが多いので・・・客が引いてしまうのです。
(我ながら巧・・・客を引くから客引きではなく、客が引くから客引き!)
特に週末は予約が集中し、不本意ですがお断りすることも多々あります。
(多い時には席数と同じくらいの予約を断っています)
もう少し弊店にキャパがあればと、いつもこの時期には思います。

また、たまに予約無しでいらしたお客様に対しては直接顔を合わせるので、
残念そうな表情などされると、非常に申し訳ない気持ちになります。
(申し訳ございません・・・と、頭を下げます・・・本当にそう思っています)
予約を入れないで来たお客様も間違いなく、あるネットやサイトを見て、
弊店を選んでいただいたのに相違ないのです。
火鍋を食べようと弊店を選択していただいたお客様、
せっかく弊店にまで足を運んでいただいたお客様に対して、
楽しみにしていた火鍋を食べていただけない、
期待に答えられない・・・という現実に
虚しさ、罪悪感まで感じてしまうのです。

もちろん店としては、売上に直結する大問題でもあります。
しかし残念ですが、これはしかたがないことで、どうしようもありません。

そして、さらに残念なこと、というより頭に来ることが・・・
長くなるので次回へ・・・
つづく・・・
Moukoenphoto1l

2012年12月 9日 (日)

マクドナルド、バーガーキングvs.モスバーガー【その2】

・・・【その1】を読まれた方は、このタイトルの意味をわかっていただけたと思いますが、
中国No.1の大火鍋チェーン店、元来あちらは中国の中国人による中国人のための火鍋です(薬膳火鍋は中国のものであり、中国人が調理し、中国人が食べます)。こちらは中国の中国人による日本人のための火鍋です(一項目二項目は同じ、食べるのは日本に住む日本人)。
アメリカで生まれ、アメリカで育ったマクドナルド、バーガーキング、ウェンディーズが日本にやって来て、それよりも、美味しくしよう、日本人向けのハンバーガーを作ろう、と始めたのがモスバーガーです。
我が蒙古苑は、火鍋界のモスバーガーのような存在になりたいと願っているのです。
ハンバーガーにかぎらず、例えばスパゲッティなど、日本人が好んで食べる、明太スパゲッティや納豆スパゲッティなどは、イタリア人から見れば、考えられない、絶対ありえないモノでしょうし、アメリカ人の好きな寿司のカリフォルニア巻きなんて、昔の日本の寿司職人ならば、邪道と、絶対握らなかったのではないでしょうか?
食に限らず、ファッショなども、各文化はますますグローバル化が進み、国境が無くなってきているようです。
やっぱり、言い訳、愚痴に聞こえちゃいましたか?
こんなにムキにならず、固く考えず、牛丼に吉野家派、松屋派、すき家派がいるように、お客様が各自の好みで、お好きな味、お好きな店で食べればよろしいのですよね・・・はい、わかっているんですが・・・

モスバーガーは上海にもあります。なぜか、回転寿司とセットです。寿司の味は・・・ご想像にお任せします。
Photo

2012年12月 8日 (土)

マクドナルド、バーガーキングvs.モスバーガー【その1】

しつこく、くどく蒙古苑の鍋のことを書きます。日本のエッセンスだ、テイストだと・・・
今一度、蒙古苑の火鍋を理解していただきたい・・・あることがあったのです。

最近、あるグルメサイトにお客様から書き込みがありました。そのお客様によると蒙古苑の火鍋は“本格的ではない、初心者向けだ”そうです。中国No.1の大火鍋チェーン店の火鍋と比べてのことです。

これについて、少し述べようと思います。言い訳がましく聞こえるかと思いますが・・・
確かにあちらは、中国内モンゴル自治区に本社があり(地元で、自社で羊も飼育しています)、本家であり、モンゴル薬膳火鍋の元祖と言えます。筆者も中国駐在中は、週に3度は、こちらのお店に通っていました(上得意様)。もちろん非常おに美味しい、大好きだったからです(安いです。二人お腹いっぱい食べても1000円位)。
隠さずに申しますと、蒙古苑の火鍋はあちらのレプリカ、悪く言うとパクリです。こんなに美味しい鍋料理があったんだ、これは日本人にも食べてもらおう、日本でも絶対受ける、流行る、と思い(要は儲かる)、日本で蒙古苑と名乗る火鍋屋ををオープンしたのです。しかし、その前にあちらの日本の支店が、もう既に2店舗オープンしていたのです(渋谷と赤坂)。
それで、こちらは新宿にオープンしました(その半年後には、あちらも新宿にも来ましたが)。但し、同じ味では、意味が無い、もっと美味しくできないかと、中国人の調理長と試行錯誤を重ね、作る本人が最も美味しいと思える味、蒙古苑独自の味を生み出したのです(日本人しか思いつかないある出汁も入ってます)。そもそも、あちらの火鍋が本格的とおっしゃる日本人の方が多くらっしゃいますが、中国本土と日本とでは、味が変わっています。やはり、日本人向けにアレンジしているのです。・・・つづく
Photo
Photo_2

火鍋 蒙古苑 のサービス一覧

火鍋 蒙古苑