中国・香港映画 Feed

2013年3月 6日 (水)

歓迎光臨!周星馳迷俱乐部

久しぶりに明るく周星馳・・・

【小黄毛の “周星馳を観ろ!”(4)】
『ゴッド・ギャンブラー III』(原題:賭侠2之上海灘賭聖)1991年作

『ゴッド・ギャンブラー II』の続編?
というか、アンディ・ラウは出てこないし、ストーリー性に全く繋がりがないので、賭聖=周星馳主演、というだけの映画です。
またまた馬鹿馬鹿しい。
賭聖が1937年の上海にタイムスリップしちゃいます。
上海が東洋の魔都、と呼ばれ一番輝いていた時代ですね(周星馳は上海系らしい)。
今作品は、1980年代にヒットしたチョウ・ユンファ主演のテレビドラマ『上海灘』のパロディがたくさん出てきます。
なので、そちらを観てからのほうが楽しめますが、日本で香港の連続ドラマを観るのは不可能です。
もとい、『上海灘』をまったく知らなくても問題ありません。
いつもどおり、ハチャメチャなギャグのオンパレードなので、充分楽しめます。
賭聖が携帯電話を持ったまま1937年の上海へ行ってしまうのですが、その時代の上海から現代へ電話をかけます。
繋がっちゃいます!普通に・・・
周星馳の映画の説明をするのにもってこいのシーン、エピソードです。

周星馳の映画はひとことでいうと、こういう映画です。
これを馬鹿らしいと感じる方は、観ないほうが賢明です。
面白いと思う方・・・
歓迎光臨!周星馳迷俱乐部
(ようこそ!チャウ・シンチー・ファンクラブへ)

PS.チョウ・ユンファのテレビドラマ『上海灘』で思い出しました。
周星馳の映画ではありませんが、オススメの香港映画をひとつ。
アンディ・ラウ、レスリー・チャン主演の
『上海グランド』(原題:新上海灘)1996年作
1930年代の上海を舞台にしたヤクザ映画です。主演の二人がカッコイイ!
Photo

2013年2月10日 (日)

周星馳 と 馳星周

・・・前回のつづき
香港コメディー映画の経典と言われている・・・周星馳・・・
日本の作家、馳星周のペンネームは、彼が大ファンである周星馳からいただいたのです。
馳星周が『不夜城』でデビューした当時(1996年)は、日本で周星馳はそんなに知られていなかったはずで、
馳星周は、先見の目があるなぁ、センスよし!
でも、そもそも作品はどこでどうやって観ていたのだろうか?

【小黄毛の “周星馳を観ろ!”(3)】
『ファイト・バック・トゥ・スクール』(原題:逃學威龍)1991年作
初期代表作のひとつ。
拳銃紛失事件の捜査で生徒に成りすまし高校へ潜入する警察官役。
勉強が大嫌いの彼が進学校­を舞台に繰り広げる大爆笑コメディー。
いくら当時まだ若かったにしても、高校生はちょっと無理がある。
でも、そんなことを言っていたら、彼の映画は全て無理だらけなので、
そんなことを詮索してはいけない。

断わっておきますが、彼の作品はとにかく馬鹿らしい、馬鹿らしさの塊です。
(日本の配給会社は、この面白さが分からない、日本人には受けないと考え、
彼の作品をなかなか上映しなかったのではないだろうか)
なので真面目な方、例えば不条理、ブラックユーモアなどが嫌いな方、
理解できない方は、絶対に観ないでください。
怒り出す方もいるかもしれません。
その怒りを小生にぶつけられても困ります。
例えば、彼の作品のDVD、BLU-RAYを買った。
が、観なければよかった、買わなければよかった
時間を返せ、金を返せ、と言われても責任は取れません。

ご理解の上、購入されるなり、レンタルされるなり、
ダウンロードなさってくださいませ。
Photo

火鍋 蒙古苑 のサービス一覧

火鍋 蒙古苑